photo-1487956382158-bb926046304a_1080.jpg 2021年のラング・ウォークは10月16日開催 photo-1514923995763-768e52f5af87_1080.jpg 活動へのご支援をお願いします。 photo-1495653797063-114787b77b23_1080.jpg ひとりで悩まず、お声かけください。 機関紙「J-BREATH 」 リニューアル「J-BREATH 」第115号 2021/8/30発行

HOME | よりよい呼吸のために | 薬物療法・吸入療法

薬物療法・吸入療法

 呼吸器疾患:COPD(慢性閉塞性肺疾患)間質性肺炎(肺線維症)、喘息等に対して、治療や症状緩和のために吸入薬が処方されることがあります。処方された吸入薬によって吸入デバイス(装置)が異なるものになります。たくさんの種類の吸入薬とデバイス(装置)があります。 処方された吸入薬を効率よく吸入できるよう、吸入デバイス(装置)を正しく上手に使いましょう。
 

 
 デバイスを正しく使っていないと、処方されている量を吸入することが出来ていなかったり、効果が出なかったりすることがあります。適正な吸入器の使い方の指導を受けましょう。大事なことは処方されたときに、医師・看護師・薬剤師に指導してもらいましょう。コツやポイントがあり、説明書だけでは正しく使えないことが多いようです。

適性な吸入器の使い方の指導を受けましょう

大事なことは処方されたときに、医師・看護師・薬剤師に指導してもらいましょう。コツやポイントがあり、説明書だけでは正しく使えないことが多いようです。指導を受けたが、一回ではよくわからなかったという方のために、吸入器の使い方を説明した本や映像ディスク、動画があります。
 

日本大学医学部呼吸器内科の吸入レッスン

日本大学医学部呼吸器内科の特設サイトでは、デバイスや吸入薬ごとに細かい使用方法が解説されています。動画を見ながら、吸入方法の指導を受けることができます。

リンクを開く

書籍&CD-ROM「地域でとりくむ 喘息・COPD患者への吸入指導」

吸入指導の本も出版されています。フジメディカル出版の「地域でとりくむ 喘息・COPD患者への吸入指導」はCD-ROMもついています。

※2012年発行。3,080円でAmazonで購入可能。

リンクを開く

J-BREATHの講習会「吸入レッスン」動画

当センターでは、年一回開いている講習会で、吸入器の使い方を指導を行いました。