photo-1514923995763-768e52f5af87_1080.jpg 活動へのご支援をお願いします。 photo-1495653797063-114787b77b23_1080.jpg ひとりで悩まず、お声かけください。 会報紙「J-BREATH 」 「J-BREATH 」第121号 2022/8/25発行 img20220809111242763953.png 2022ラング・ウォーク は10月29日開催

HOME | バックナンバー | バックナンバー一覧

「J-BREATH」バックナンバー

2022年

2022年12月発行予定

第123号 12月

2022年10月発行予定

第122号 10月

巻頭インタビュー
訓練に勝る準備はありません
日頃の“お出かけ”も防災対策
笠井健さん 北良(株)代表取締役社長
 
2022年度のJ-Breath会員アンケートについて
「防災への対応」編

より自分らしく治療を続けていくための「セルフマネジメント」
監修:霧ヶ丘つだ病院 理事長・院長 津田 徹先生

第121号 8月

巻頭インタビュー
呼吸リハビリテーションを求めて
巡り合った人々から大きな恩恵
陶芸作家 峯岸勢晃さん

インタビュー
呼吸器患者の要介護レベルはなぜ低めに判定されてしまうのか
ー呼吸ケア・リハ学会で研究発表ー
森 大地さん(霧ヶ丘つだ病院・理学療法士)

会員アンケート特集②
2022年度のJ-Breath会員アンケートについて
在宅リハビリ編

第120号 6月

機関紙J-BREATH第118号

J-BREATH新春座談会 2022年
 ・あらためて考えたい、HOT患者と災害対応

連載「慢性疾患の時代ー知る、考える、診るー」
第18回(最終回)COPDとうまく付き合う
呼吸ケアクリニック東京・臨床呼吸器疾患研究所
医療法人 至心医療会 理事長 木田厚瑞先生

2021年の年間企画テーマ 〜こんな記事でした〜

第119号 4月

機関紙J-BREATH第118号

J-BREATH新春座談会 2022年
 ・あらためて考えたい、HOT患者と災害対応

連載「慢性疾患の時代ー知る、考える、診るー」
第18回(最終回)COPDとうまく付き合う
呼吸ケアクリニック東京・臨床呼吸器疾患研究所
医療法人 至心医療会 理事長 木田厚瑞先生

2021年の年間企画テーマ 〜こんな記事でした〜

第118号 2月

2021年

シリーズ企画・呼吸リハの実践と制度利用
地域包括ケア病院(病棟)の役割〜よりよい療養生活の実現に向けて〜
2021COPD啓発ラング・ウォークin文京フォトレポート

第117号 12月

新しい社会や生活様式と融合した呼吸ケアの新しい方策を模索
呼吸リハの実践と制度利用
医療基本法の制定
患者による患者のための医療政策が実現するために
連載 慢性疾患の時代ー知る、考える、診るー
連載講座 より良い在宅療養のために制度を活用しましょう

第116号 10月

紙面デザインをリニューアル
患者さん訪問
呼吸リハの実践と制度利用
連載 より良い在宅医療のために制度を活用しましょう
COPD患者さんインタビュー
慢性疾患の時代

第115号 8月

機関紙J-BREATH第113号 機関紙J-BREATH第113号

第61回日本呼吸器学会学術講演会開催
退院やHOT導入を契機とした外来リハビリ
連載 より良い在宅療養のために制度を活用しましょう
沿革呼吸器疾患患者向け 遠隔による健康支援システムの開発
COPD患者は栄養不足による痩せに要注意!

第114号 6月

機関紙J-BREATH第113号 機関紙J-BREATH第113号

第61回日本呼吸器学会学術講演会開催
退院やHOT導入を契機とした外来リハビリ
連載 より良い在宅療養のために制度を活用しましょう
沿革呼吸器疾患患者向け 遠隔による健康支援システムの開発
COPD患者は栄養不足による痩せに要注意!

第113号 4月

機関紙J-BREATH第112号 機関紙J-BREATH第112号

新春座談会2021 慢性呼吸器疾患患者が在宅でリハビリを受けるために知っておくべき制度ー自分で気づく、制度を利用するタイミングー

新連載「より良い在宅療養のために制度を活用しましょう」

第112号 2月

2020年

機関紙J-BREATH第111号 機関紙J-BREATH第111号

第30回呼日本呼吸リハビリテーション学会学術集会のご案内
「学会員が演題を出し、討議し、新しい発想力と希望を生み出す場」
  陳 和夫(第30回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会会長/
  京都大学大学院医学研究科 呼吸管理睡眠制御学特定教授)

第111号 12月

機関紙J-BREATH第110号 機関紙J-BREATH第110号

COPD啓発プロジェクトが医療特別番組を放送
 その息切れ、マスクのせいではないかも…

第110号 10月

機関紙J-BREATH第109号 機関紙J-BREATH第109号

現代社会が初めて経験する新型パンデミック
 私たち全員が力を合わせて乗り越えてゆく必要

「パルスオキシメーターをつけてムーブ・アットホーム」コロナ禍におけるパルスオキシメーターの活用

第109号 8月

機関紙J-BREATH第108号 機関紙J-BREATH第108号

呼吸器科医師から読者の皆さんへ
 外出避けても運動を、体調の変化に注意も
  黒澤 一(東北大学環境・安全推進センター教授)

第108号 6月

機関紙J-BREATH第107号 機関紙J-BREATH第107号

呼吸の質が生命力の根幹を握っている
 「鍵盤ハーモニカ」で呼吸練習

呼吸器専門委×管理栄養士 対談
 COPD患者さんのための
 元気で長生きを実現する秘訣

第107号 4月

機関紙J-BREATH第106号 機関紙J-BREATH第106号

新春座談会2020年
 慢性呼吸器疾患の終末期と緩和ケア
 --重要なテーマと位置づけ、今後情報発信を

新連載講座「間質性肺疾患患者さんのための呼吸リハビリ」

第106号 2月